読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽玄静寂

静けさに舞い降りた言葉達。

群衆の一人

誰かがこう言っていたから正しい。

肩書きのある人が言ってたから間違いない。

周囲では常識なんだから間違っていない。

 

この考えは危険なものになります、それどころか既に危険なものでもあります。

 

群衆の一人である事は楽で寂しくもなく責任もありません、誰かの受け売りであれば誰かの責任とすれば何度間違っても人は離れてゆくことは無いのでとても楽で安全に思える。

 

だけどそれでは何の徳も積み上がりません、得はあるかも知れないが何も残りません。

 

群衆の一人であり誰かの受け売りが間違っていれば誰かのせいに、正しければ自分の手柄にしては金を掻き集める人は存在します。

 

表向きハンデを背負いながらも一人で必死に頑張ってきた、そんな嘘をついて同情あつめては、楽に金を掻き集めて人を使い捨て渡り歩く人なんて存在する。

 

本当にハンデ背負いながらも必死に頑張っている人さえ踏み台にしている人が存在する。

 

そんな人が流れ着いた先は嘘だらけの世界、嘘を群衆に押し付けるのが仕事になりまして、姿を見たく無いのだがweb上でたまに見かけては吐き気をもよおしてしまいます(--;)

 

f:id:SpiritualCameraman:20170116223107j:image

誰かがこう言っていたから正しい。

肩書きのある人が言ってたから間違いない。

周囲では常識なんだから間違っていない。

 

それよりは自分で考え自分の感覚を信じて、何が正しくて何が間違っているかを判断出来る人が増えなければならない。

 

群衆の一人となってはならない、群衆の一人は群衆とともに集団で自滅もしくは誰かの破滅に巻き込まれる危険性があります。

 

何が正しくて何が間違っているなんて人が決めてしまえるものです、集団を巻き込んで間違いにしてしまえば間違いになります。

 

だから何が正しくて何が間違っているなんて考えてもいけない。

 

何が自然であり何が腑に落ちるかなのです。
f:id:SpiritualCameraman:20170116225637j:image

真実に見せたまがい物が沢山存在します。

だけど真実も沢山存在します。

 

真実はいつも自然であり腑に落ちるもの、だから相手に説得されて無理矢理信じる場合は間違いであり、自ら惹かれて関わってみて自然であり腑に落ちるものが本物です。

 

群衆の一人である必要はありません。

 

群衆の一人であるよりは、自ら惹かれて導き出した自由な意思で強制されずに集まる集団である方が助け合って生きてゆけます。

 

周囲に流されて決めた事は間違えば後悔するが、自ら惹かれて導き出した事は間違ってしまっても間違いを修正して正解に辿り着く。

 

今の世の中はあまりにも危うい・・・

人本来の能力について。

あけましておめでとうございます。

 

おめでとうという言葉。

おめでとう→おめでたい→めでたい→めでる

めでるを漢字にすると『愛でる』

『愛でる』から『愛でたい』『愛でとうございます』そして『御愛でとうございます』

 

小さな子供が必死で頑張って何かを成し遂げた様子を見たのならば、例えばもしも我が子ならば抱き上げて「良くやったね」「頑張ったね」「よかったね」と抱きしめたくなるでしょう。

『御愛出たい』となってしまいます。

 

おめでとうは愛が溢れ出した言葉ですね、だから何度でも言いたい言葉でもあります。
f:id:SpiritualCameraman:20170102150712j:image

 では本題に戻ります、人間の本来の能力について書いておきます。

 

人間は本来宇宙と繋がる能力を持っています、宇宙と言ってしまえば遠くかけ離れた場所であるように感じるでしょうが、宇宙とはとても身近な場所でもあります。

 

地球は宇宙の一部であり自然は地球の一部であり宇宙と直接繋がっています。

 

海の潮の満ち干きは月の影響を受けますし、植物達は太陽のおかげで生きています、海の生き物達も太陽の周期で生活して月の周期の中で子孫を残してゆきます。

 

本来人間も太陽の周期で生活して月の周期で成長してゆくものでもあり、宇宙の周期を感じて生きてゆく能力がありますが、今の時代は便利な時代でもありまして便利な生活をしてゆくうちに宇宙の周期を感じで生きてゆく感覚が麻痺してしまうのです。

 

宇宙の周期は身体にしっかり残されています。
f:id:SpiritualCameraman:20170102152023j:image

大晦日に無意識の声に身を委ね実行してみた事がありまして、それをした結果から書いておきます。

 

大晦日は年明けまで浴びる程に酒を吞んで過ごしました、田舎の士族の本家筋の名残りを残す我が家では馬鹿みたいにお歳暮で酒が届きまして、馬鹿みたいに呑みました。

 

実は俺は低血圧で朝が弱く、アルコールも抜けにくい体質でして、それでも夜明け前に我が家から南側の神社に初詣に行って日の出を背にして帰りたかったのです。

 

呑み終わって寝てシャワーを浴びて身を清めて出発するには四時間も眠れませんし当然酒も抜けないはずなのですし、寝起きは間違いなく辛いだろうと思っていました。

 

夜明け前の1番暗い時間帯に目が覚めて、酒は完全に抜けてシャワーを浴びて身を清めて出発出来まして、時計を見なくても時間がだいたい分かったりしました。

 

それ以外にもいろいろな周期と行動が噛み合いまして、不思議な事が次々と起きましたが書けば書く程長くなるので省きます。
f:id:SpiritualCameraman:20170102153856j:image

大晦日に無意識の声に身を委ねて実行した事とは、頭皮の浄化をしてみました。

 

個人的にやってみたやり方は、ディープクレンジング系のシャンプーに重曹混ぜて髪がキシキシしてしまう程に洗い、浄化作用のある紫ウコンをすり下ろして抽出したエキスを髪になじませたまま暫く湯船につかり、汗を沢山かいてから洗い流して軽く自然派のトリートメントをしました。

 

浄化作用のある植物にはいろいろありますので、紫ウコンじゃなくてもいい気がしますし、死海の泥パックも良さそうな気がしていますが、とりあえず頭皮をしっかり浄化するだけで感覚的なものが随分変わってしまうようでして、お勧めします。

 

考えてもみれば、一般的なシャンプーやトリートメントというものは添加物というか化学物質のようなものですから、毛穴の多い頭皮というものはそれらの化学物質を体内に吸収しやすいものですし、頭皮は脳からも近く髪の毛は紫外線から頭部を護る為に生えているものですし、頭頂部は宇宙からのいろいろな感覚を受信する場所でもありますので、理にかなっているのだと思います。

 

何よりも、気が晴れない時に頭皮の浄化をしたら嫌な気分も軽くなると思います。

 

それだけでも、人間本来の能力が少しだけ働いてくれるものなのでしょう。

 

お読み頂いた皆様、今年もよろしくお願いします(^^)

今年最後の言葉。

ただ一言です。

『ありがとう』

どんな1年間であったとしても、いい1年間であり来年はもっといい1年間である1年間を迎えられる為の言葉なのです。

 

喜びも怒りも哀しみも楽しみも全て。
f:id:SpiritualCameraman:20161231210521j:image

怒り哀しみは良くないものでもありますが、こういう事があるから喜びも楽しみも深みが増すものであると思うのです。
f:id:SpiritualCameraman:20161231210720j:image

悪く感じてしまうのは、その中に存在している時だけでしかありません、だからワザワザ思い出して怒りをぶり返したり哀しみに溺れてしまってはいけません。

 

だから『ありがとう』なのです。
f:id:SpiritualCameraman:20161231210916j:image

喜怒哀楽の全てはしっかり生きた証であるのだから、自分自身にも『ありがとう』と言うべきなのであると思うのです。

 

自分自身を生かしている存在というものは、自分以外の周囲の存在でもありまして、1年間の中の最後の1時間ぐらいは全てに感謝して良い新年を迎えるべきでしょう。

 

このブログを読んで頂いている皆様、ありがとうございました。

 

来年もよろしくお願いします (^^)

イメージを身体に降ろす方法。

人は緊張すると鼓動が早く呼吸は浅くなります、映画などを見てもドキドキしたり手に汗握ったりします。

 

この状態はイメージが身体に降りている状態であり実際にその場に居なくても、身体の半分はその場を経験しています。

 

身体の半分とは、脳内で経験して呼吸で経験して血流で経験しています。

 

イメージを身体に降ろすと考えると、とても難しいですが日常から経験しています、そう考えると簡単に感じるでしょう。

f:id:SpiritualCameraman:20161212195129j:image

個人的にイメージを身体に降ろす簡単な方法がありまして、その方法について書きます。

 

イメージに呼吸を合わせて血流を意識する。

イメージを呼吸にして鼓動を意識する。

イメージの中に血流を意識して意識を流し込む。

 

こうするとイメージが身体に降りてきます。

 

イメージが身体に降りてくれば、身体が半分ぐらいイメージの世界を経験します。

 

例えば明日、何かの実技試験があるとします、実技試験の内容の書いた資料を何度も読み返して暗記したとしても、本番でやる時は言葉だけしか出て来ません。

逆に内容を暗記しなくても、イメージで経験しておけば動作に言葉がついてきます。

実はイメージで体感しながら資料を読んでいるので、実戦では逆に目の前に資料が出てきてしまい、その通りにやるだけなのです。

 

実は先日、仕事関係の国家試験を受けまして、イメージを経験したおかげでほとんど勉強する暇がないままに合格しました(^^)

 

脳で記憶するよりも、イメージを身体に降ろす方が効率的な場合もありまして、個人的に勉強嫌いなのでイメージで体感してきました。

 

 イメージを身体に降ろす。

 

これはいろいろな場面で応用出来ます。

 

俺の場合身体が特殊な体質でして、血流だけで筋肉が一回り大きくなります、そこから身体を動かすともう一回り大きくなります。

 

元々の身体はかなり華奢でして、二回り大きくなっても普通より細めではありますが (^_^;)

 

趣味で身体を動かす事が多いのですが、サーフィンする時は前日にサーフィンするイメージをしっかり身体に降ろすと、サーフィンで使う筋肉のパーツに血を通してあるので、微妙にサーフィンする身体になりまして、潜る時は潜るイメージをしっかり身体に降ろすと潜る時に使う筋肉のパーツに血を通してあるので、微妙に潜る身体になります。

 

イメージは身体にも現れるものですから、イメージを鍛えれば運さえも身体が経験して呼び込めるものだと思います。

 

イメージの世界を半分ぐらい身体で経験するという事は、とても大切な事です。

本物は本物以外の何者でもない。

一見不要なものであっても、それが本物であれば何かと必要にもなるものでして、偽者であれば不要でしかありません。

 

例えば誇りもしくはプライドというものは、偽者であれば簡単に傷付き壊れてしまうものでしかありませんが、本物であれば傷つく事も壊れてしまう事もありません。

 

自慢というものは嫌な印象しかありませんし、個人的にどれだけの事をやってきたとしても、他人に何も自慢出来る事なんてありません、個人的には他人に自慢する事に価値を感じなくなってしまいました。


f:id:SpiritualCameraman:20161211154354j:image

もしも他人に自慢をしたいのであれば、他人のやった事さえも自分がやった事のように自慢すれば、ちょっとした事を大袈裟に凄い事にしてしまえばいくらでも自慢出来ます。

 

俺には他人には自慢しないが自分自身に自慢出来る事は沢山あります。

 

自慢は自分自身に自慢出来るのである事が本物であり、それを沢山積み重ねる事で本物の誇りが出来上がるものでしょう。

 

全てを手放したとしても、本当に必要であるものはやがて戻って来るものです、きっとそれらが自身にとっての本物達なのでしょう。

 

願いの先を計画する事が大切。

誰にだって願いはある、だけど願いがゴールであるという人は少なくはありません。

 

願いがゴールであれば犠牲が出来てしまいます、願いがゴールであると叶っても叶った事に気付かずに消えてゆくので形にならない。

 

分かりやすい例えとして、結婚して幸せになりたいという願いがあります。

 

結婚した時点で叶いましたが、その時だけ幸せなだけであり、その後離婚して結婚して幸せになりたいと願ったのに叶わなかったなんて思ってしまう人も存在してしまいます。

 

願いが叶うというのは一瞬だけなのです、一瞬だからこそ叶うものであり叶ったのであれば上手く生かさなければ意味がありません。

 

f:id:SpiritualCameraman:20161204130212j:image

心の底から望む事は叶ったその先を計画しておけば叶いやすくなりまして、しっかりと形となるでしょう。

 

願い方にはいろいろ在りますが、叶い方は一つしかありません、心底願えば無意識の中では叶っておりましてそれが形として現れる。

 

形として現れるのは一瞬でしかないので、それをしっかり生かすという事がチャンスをつかむという事なのです。

 

だから願うのであれば願いの先を計画しておくべきだと思うのです。

諦めを与える言葉。

表向き感情的になって我を失ってしまうという事は滅多にありません、更に感情から涙を流すという事はここ20年以上ありません。

 

喜怒哀楽というものはちゃんと持ち合わせておりまして、我を失わない分自分の中から鮮明に突き抜けるものです。

 

身近な人が亡くなった時、一番哀しい瞬間というものは、葬式の出棺の時なのです。

棺桶に花をたくさん入れて蓋をして、布を被せて霊柩車に運ぶ時に、棺桶のだらしない重みまで哀しみが深まるものでして。


f:id:SpiritualCameraman:20161203114432j:image

 

感情的な他人から言い放たれた本心の言葉には諦めを与える言葉というものがありまして、その言葉から感情を考えて相手からすれば自身はどういう存在として考えられているのか、そこに辿り着いた時に、これ以上は無駄でしかないと綺麗に何も気持ちを遺さずに立ち去る事が出来ます。

 

貴方には心がない。

貴方には愛がない。

貴方は人を愛する事が出来ない。

 

個人的に、この言葉を言われたら何の想いも気持ちも遺さずに相手の事を忘れ去ります。

 

何故ならば感情的に言い放った言葉の通りの本心が相手の中に存在してしまいます。

 

相手にとって人ではありません。

人として人格を持ってはいけないのです。

相手の思うままでなければならないのです。

 

だから感情的とはいえ、そんな事を言い放つ事が出来てしまうのです。

 

自身の事を心が存在する人として見る事が出来ない人は、結局のところいろいろな面で負担にしかなりませんでした。

 

人は人格を持ち心が存在するものとした上で接する事で助け合えるものです。

人の人格も心も認めず自身の思うままである事を望む相手と助け合おうとすれば、相手の為に犠牲になる事を求められるでしょう。

 

見知らぬ他人でさえ人格を持ち心が存在しています、人はいつの間にかそれを忘れてしまう事もあるのでしょう。

 

それを忘れてしまったとしたら、それを思い出すだけで世の中は変わるでしょう。